経費精算とは

会社などでは売り上げから経費を引いて利益を出します。会計のルールに従って処理をしています。売り上げは取引先からの入金などで把握が可能です。経費も給料の支払いやオフィスの家賃の支払いは会社間で行うので把握が可能です。

しかし社員が個別に立替払い、仮払いをしている経費はそれぞれ申請、承認、支払いを通じて行う必要があります。経費精算とは、個々の社員が立替払いなどを行ったときに行う業務で、会社として経費を認識し、社員に立て替え金の支払いを行います。

かつては多くの部分で手作業で行われていましたが、今はどんどんシステム化が進んでいます。会計の部分だけでなく、社員が申請を行う部分からシステムを利用する場合があり、業務の効率化が行えるようになっています。

経費Bank

経費Bankの経費精算は、スマートフォンなどのマルチ端末でも使用可能であるため、忙しいサラリーマンのスキマ時間も無駄にせず、経費精算が可能です。特に、営業で働く方には、こういった機能は、大変有用です。

⇒続きを読む


STREAMED

STREAMEDというのは、経費精算のできるシステムです。経費精算というのは、会社ではとても重要な作業ではないかと考えられます。それは、会社でどんな経費が発生しているかを把握する必要があると考えられるからです。

⇒続きを読む


デスクネッツネオ

デスクネッツネオは、交通費などの経費精算のために、現在さまざまな企業が導入している最新のグループウェアです。社内ソーシャルやグローバル設計など、あらゆる企業に必要な機能が標準搭載されているのが1番の魅力です。

⇒続きを読む


eKeihi

eKeihiというシステムは、本業に集中することを可能にする旅費精算や経費精算ができるシステムです。旅費の精算や経費の精算というのは、とても面倒な作業ではないかと考えられます。通常は、普通の従業員でも経理の知識が必要です。

⇒続きを読む


freee

こちらの比較サイトでは経費精算システムの各製品を見比べることができるため、その導入を思案している際は、便利に利活用できるサイトになっています。各経費精算システムには個々で特長がありますから、提供されている機能などは、このサイトで比較することが得策です。

⇒続きを読む


ネクストICカード

ネクストICカードは、経費精算の手間を短縮できる優れた機能があります。今までのように出張などで出かけた場合、昔の出来事を思い出しつつ、経路を確認して、そして費用を算出し、パソコンなどに打ち込み出力するという手間があります。

⇒続きを読む