経費Bank

経費Bankの経費精算

経費Bankの経費精算は、スマートフォンなどのマルチ端末でも使用可能であるため、忙しいサラリーマンのスキマ時間も無駄にせず、経費精算が可能です。特に、営業で働く方には、こういった機能は、大変有用です。

経費精算は、仕事としては、滞りがちですので、出先などで活用できれば、リアルタイムで更新できます。そうすれば、スピードアップが確実です。こうしたシステムを取り入れることで、毎日のこと仕事の効率化を図ることができます。

そして、銀行振込データ、会計仕訳データと連動しているので、経費精算作業を効率化できます。クラウド(ASP/SaaS)化による、システム負担の軽減も魅力的で、バックアップなどの負担もなく、安全な形でデータを保持できます。


Q&A

経費Bankを利用している企業は増えている

経費Bankを利用している企業は増えています。こうした企業が増えているということの背景には経理に関してきちんと計算しておきたいという会社がたくさんあるということが関係しています。こうしたサービスは経費を正確に把握しておくことが可能になっていくということもあり、とても重宝されています。お金の使途がはっきりしていることはとても大きなプラスになります。

会社の無駄遣いなどを減らしていくことも可能になりますし、ごまかしなどの不正も防ぐことが可能になっています。経理がきちんしていることで会社のお金がどのように流れているのかということなども知ることが可能になっています。

経営者であれば、こうしたサービスは会社の財務基盤を構築していくという意味でも大きなメリットがあるものになっています。また経理作業を効率化していくことが出来るという点なども人気が高い理由になっています。導入費用が安いサービスであるということなども、多くの企業が導入しようと考えていく大きな理由になっています。ここが高いということであれば、なかなか許可が出ないということもありますが、安いということで導入を決める会社はたくさんあります。また出張中や移動中でも利用することが出来るようになっている点も利点です。

経費Bankを導入して経理を円滑に進める

会社では必ずやらなければならないのが事務処理です。その中の、経理に関しては、仕訳をしたり経費の計算なども必要になります。そして、そのため、経費Bankを導入することで円滑に処理を進めることができます。まずは、穀通費などの申請ですがスマートフォンに対応しているので、必要な時に申請をして、管理者による承認が一連の流れでできます。そのため、紙で申請をするよりもスムーズに進めることができます。

そして、交通費に関しては「駅すぱあと」と連携することができるので、情報の読み込みができます。これに関してはオプションをつけなければなりませんが、セットしておくことで計算が容易になります。そのため、大幅に時間短縮ができます。調査結果だと、従業員100名の会社では87500円もの時短短縮による経費を削減できたとなっています。

そして、システム自体が分かりやすくあまり慣れていない人でも扱えるのが特徴です。パターンの登録をしておけば、次回から簡単に入力が終わります。もちろん、サポート体制も整っています。データのバックアップはデータセンターで24時間365日管理しています。一番心配な不正アクセスの防止もSSL暗号化しているので対策は万全です。そのため、安心して導入して使うことができます。